2006年10月22日

民主2連敗 さあどうする?

 衆議院議員の死去に伴う神奈川と大阪の補欠選挙で自民党が2議席独占し、民主党は敗れた。

 逆の結果だった場合、自民党の総裁である安倍晋三氏に対する責任論が与野党から噴出し、政権運営に影響が出ただろう。

 では今回の結果の場合では安倍氏の政権運営は安定化する方向へ進むことになる。ついでに民主党の首脳陣はどうなるのか?責任は誰にあるのか? 病気で死にそうな小沢一郎? 選挙があるのにロシアに行く鳩ポッポ由紀夫? スケベ面の菅直人? ジニンマダァ?(・∀・)っ/凵チンチン

 自分の期待としては、誰が辞めようが小沢が壊し屋としての本性を遺憾なく発揮して「民主党解体」の方向へ持っていってほすぃのですw
posted by Windy City at 22:53| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

残るカードは...

北朝鮮による核実験が行われた模様。実験が成功したのか、どの程度の規模の実験だったのかも含めて不明だが、実験したことだけは確かだろう。

しっかし、これは彼らにとって最後の外交カードだね。残りの選択肢はあと2つ。「戦争」か「金体制の崩壊」だ。

個人的には「金体制の崩壊」を望みたい。やはり戦争は無駄に人命、インフラが失われるから、できるだけ避けたい。
「体制崩壊」といってもいろんな方法があるだろう。手っ取り早いのは北朝鮮国民による革命だが、その後に起きる混乱、もしくは戦闘で周辺地域は疲弊することになる。

韓国もあの状態の国と統一することはなんとしても避けたいだろう。旧東西ドイツの合併よりもひどいことになり、経済は当然大混乱になるし、北朝鮮人のカルチャーショックは相当ひどいものになるはずだ。

そうするとここは中国にあの地域を併合してもらって、バカ金は中国の奥地へ幽閉。当面の間は北朝鮮省(仮称)と現在の中国との行き来は禁止して、時間をかけて経済を立て直すしか穏便に(それでも相当な痛みを伴うけど)済ます方法はないだろう。
posted by Windy City at 22:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。